愛すべき風俗愛好家たち

世の中には様々なマニアというものが存在しており、普通に生活をしている人間にとってこれらの何かを注力して愛しているようなマニアと呼ばれる人種は避けられている傾向にある。しかし今一度考えてみて欲しい、なぜ日本のアニメが世界で認められるようになったのかを。こうしたマニアたちがアニメに人生をお金を捧げなければ日本のアニメはここまで発展しなかっただろうし、世界にも認められることはなかっただろう。そして、日本のアニメに続けとばかりに、密かに盛り上がっている日本発信の産業がある。それはズバリ風俗業界だ。
風俗と聞くと快く思わない人は女性を中心に確かに存在しているのだが、女性にとっても風俗業界が活気づくことはマイナスなことではなくプラスであるということを今一度考えてもらいたい。なぜ女性にとってプラスなのかだが、単純に高収入雇用が確保出来るということではなく、近年騒がれている高齢化社会に歯止めをかけるような出会いの場としても風俗は期待されているのである。
現在日本において、風俗は出会いの場として期待されるようになったわけだが、ここまで日本において風俗が発展してきた理由は一つであり、利用者が存在したからである。そして多くの利用者の中でも特に風俗の発展に貢献してきた人たちがいる。それは風俗愛好家と呼ばれるような風俗マニアの人たちだ。
風俗マニアの人たちがどう風俗業界に貢献してきたのかというと、何回も風俗を利用して多くのお金を消費したのもそうだが、風俗は男の妄想を満たす場であるという考えのもと様々なコンセプトの風俗店を提案してきたという背景も存在している。例えば風俗にとってはもはやメジャーである痴女性感もこうした風俗愛好家の人たちの手腕だったりもする。昔は亭主関白が多く、風俗においても女の子がご奉仕するようなプレイスタイルが基本だったのだが、風俗愛好家の人たちがこうした状況に待ったをかけ、「女性に攻められるという風俗があっても良いのではないか?」という意見を述べた結果痴女性感だったり、後のSMクラブ誕生キッカケとなったのだ。もしも女性がご奉仕するだけの風俗店ならばこれほどに風俗は発展することはなかっただろう。
だからこそ風俗が出会いの場に変わったのも風俗愛好家の人たちの手柄であり、今なお風俗店が発展しているのも風俗愛好家のおかげと言っても過言ではないのだ。風俗に行く人、風俗で働いている人はそんなマニアの人たちに感謝を感じながら風俗を楽しんでくださいね。
福岡の風俗はここから検索